FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

みなんξ^-^ξです。
お久しぶりで~す♪

みんな、元気だったかなぁ。
久しぶりに更新しちゃうぞぉ。


今日の扉絵<南米の美味しいあいつ>
扉絵


サミエルさんと約束しててぜ~んぜん果たしてない
事があったので、そこからいくね。


じゃじゃぁ~ん♪
今日は動画の撮り方について。うふふ♪

私は最近、動画を撮る為にInしてるような感じなので、
いろいろ試行錯誤しまくってますわ♪♪
なんて言っても暇人ですからξ^-^ξ


■まずは、DOLで動画撮る時によく使われる2つの
 フリーソフトの紹介から。

 ○Dxcapture
   音声はまともの取れないが、画面だけ取り込むならこれ以上の
     ソフトはないでしょう。なにしろ軽い。

 ○Dxtory
   音声も音ずれなく撮れるのが特徴だが、無料版だと画面上にDxtoryの文字と
      ファイルが大きくなるのがデメリット。


私は最近、Dxtoryの方を使ってますが、Dxcaptureはとても軽く、
またメモリが少ない環境でも、快適に動きます。
また、動画の発色といいますか色合いがDxtoryよりもよいと感じています。
ですので、あまりPCスペックが良くない人はDxcaptureから試すのをお勧めします。

それでは、下に2つのソフトの環境設定を紹介します。

[Dxcapture]
  逐次ファイル書き込みタイプです。撮っている最中にファイルサイズが
  どんどん大きくなります。

  では設定していきましょう。
  インストールして起動すると、こんな画面が出てきます。
Dxcapture設定


 さて、設定は難しくありません。
 基本設定の出力先は、動画ファイルが出来るディレクトリ設定です。
 私の場合は、デスクトップに作ってます。

 ショートカットは、録画開始ボタンです。
 普段よく使うキーだと、間違って押しちゃうので、
 私はAlt + F2という押しそうも無い組み合わせにしています。

 録画設定です。
 録画対象でゲームを選択。
 マウスカーソルにチェックを入れると、動画にカーソルが表示されます。
 模擬動画なんかだとあった方がいいかもです。
 またインジケータはよくわかんないけど、ハーフサイズをチェックすると、
 普段の半分の画面サイズで動画が取れます。

 フレームレートは15を推奨。数が大きいほど動きを細かく撮影できますが、
 処理が重くなる&ファイルが大きくなります。
 10から25ぐらいがいいでしょうか。

 コーデックはMicrosoft Video 1が推奨です。
 いろいろ試しましたが、一般的で、圧縮率も優れています。


 さて、動画のファイルサイズですが、
 模擬一回で150MBから400MBと言ったところです。
 それを後で、編集&再圧縮かけますので、15Mぐらいで保存できます。




[Dxtory]  有料ソフトだが、画面上に広告が出ること以外は、
      撮影時間制限もなく、ファイルサイズが大きい事を除けば、
      かなりの秀逸ソフト。


      最近、ずっと使っているソフトです。
      はじめDxcaptureで動画を撮っていたんですが、
      音声がないとどうも面白くなくて、音声が取りたいなと思いました。
      Dxcaptureでも音声は取れますが、音ずれが激しく、使い物になりません。
      そこで使い出したのがこれです。

      インストールしてみたら、起動してみてください。
      こんな画面が出ます。
Dxtoryフォルダ

 この画面では、動画を保存するディレクトリを指定します。
 私はデスクトップにしてます。
 次に画面上のアイコンでムービー設定を選びます。
 こんな感じに設定してください。Dxtoryムービー設定

 スケーリングは100%にすると、画面サイズそのまんまで取れますが、
 ファイルが大きくなりますので、75か50%がお勧めです。


 次にサウンドの設定をします。
 オーディオ設定(プライマリ)に移動してください。
Dxtoryオーディオ

 画面の通り、設定してください。
 注意点はボリューム、コーデックの項目です。
 画面では255になってますが、動画の音量なので、
 100前後がいいかと思います。
 またコーデックはMS-ADPCMが一番まともです。


 設定は以上で完了。ね、簡単でしょ♪


 Dxtoryの注意点は、ファイルサイズが大きい事。
 模擬動画で軽く3GBとかを超えます。
 私の場合は、そのファイルをwindows ムービーメーカーで
 70MBぐらいに圧縮して保存してますが、
 ディスク容量ない人はDxcaptureの方をお勧めします。

  また、Dxcaptureは逐次ファイル書き込み型なのに対し、
 Dxtoryは録画完了までメモリ内にデータを持っていて、
 録画終了で一気にファイル書き込みを行います。
 ですので、メモリ量無い方もDxcaptureの方をお勧めです。





 さて、次回は撮った動画のかんたん編集方法、サウンド挿入方法を
ご紹介するので、楽しみに待っててねぇ~♪



 






スポンサーサイト
わかりやすいw
おつかれさま。

サミエルさんや他の方も
どしどし動画取って、ZoomeやファイルバンクにUPしてくれればうれしいなぁ('-'*)
from:あぺじ URL  2009-06-17 Wed  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://thelogbookofsasya.blog65.fc2.com/tb.php/172-6cb4d5ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。